読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

第1話「ETのふしぎなオトシモノ」(1983年10月2日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】

f:id:darakarumena:20150117152516j:plain

 ある夜、畑家の自室で畑ネギ太(高橋利安)は作文を書いていた。

ネギ太「ぼくが宇宙でいちばん尊敬する人は力道山です」

 すると地震が起こり、地球儀は回り、電球は点滅し、窓からまばゆい光が差し込む。畑家の庭にUFOが降り立った。UFOは大きな袋を棄てて行く。袋の中から緑色の宇宙生物ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)が現われた。ネギ太は気絶。

ペットントンペットントン?」

 翌朝目覚めると、ペットントンがベランダを掃除していた。驚いた父のナス夫(佐渡稔)はとネギ太は唄い始める。

ネギ太・ナス夫「♪あれ鈴虫が鳴いている〜」

 

 母のトマト(東啓子)は朝食の準備中。

トマト「年寄りは少なくていいの」

 トマトは、ネギ太の祖母で姑のセロリ(斎藤晴彦)の料理を置き換える。

 

 セロリは和室で木魚をガンガン叩いてハーモニカを吹いていた。

セロリ「サンキュー!」

 

 ナス夫はペットントンをベランダから下ろして、棄てようとする。心配するネギ太。

ネギ太「父さん、こいつを棄てたらUFOのETが怒って、地球を攻めて、スターウォーズみたいになっちゃうんじゃないの?」

ナス夫「ネギ太、よく聞きなさい。父さんは、うちでこの化け物を飼うより、宇宙大戦争になったほうがいいと思うよ

 

 食卓に着いたセロリ。料理を入れ替える。そしてメガフォンで外へ絶叫。

セロリ「ご町内のみなさま、本日の畑家の朝食は昨日の食べ残しのスキヤキと味噌汁とおしんこだけでございます!」

トマト「お母さま!」

 トマトが出てくると、ナス夫はキスを迫る。

ナス夫「アイラブユー」

トマト「朝から何考えてるの!」

 

 ネギ太とペットントンは川原にいた。

ネギ太「ぼくのせいじゃないよ。スターウォーズになっても、ぼくの責任じゃないからね」

 ネギ太はペットントンを川原に放置しようとするが、棄てられない。ペットントンは雑草を食べたせいで苦しみ始めた。ネギ太は近所の野原動物病院へつれていく。

ネギ太「小百合ちゃん、開けて!早くしないとスターウォーズなんだよ」

 看護婦のトモコ(小出綾女)が出てくるが、ペットントンを見ると髪を逆立てて気絶。野原院長(奥村公延)はパチンコに行っていた。孫の小百合(川口智子)が診察。

小百合「ネギ太くん、任せて。大丈夫よ。動物大好き少女なんだから」

ネギ太「どう、判った?」

小百合「ぜーんぜん」

 目を覚ましたペットントンは、檻の動物たちと話していた。ペットントンは動物語を話せるのだ。

 

 ナス夫は、ペットントンをトラックに乗せて棄てようとする。

ネギ太「父さん、もうちょっと真面目に、地球や宇宙のことを考えられないの!?」

 

 トラックに載せられたペットントンは結局、畑家の前に戻ってくる。トラックの運転手が畑家の向かいのおじさん(木村修)に道を訊いている間に、ペットントンは荷台を降りて、畑家の中へ。

 トマトは「セロリ、覚悟」と空手の練習をしていた。姿を現したペットントンにトマト気絶。セロリはひとりで踊っていた。気づいたセロリはほうきとスプレーでペットントンを襲う。トマトは保健所に電話。

 ネギ太とナス夫は戻ってくる。

ナス夫「父さんだってつらいんだ。そりゃ父さんだって地球を救いたい。しかし、そういうことは、自衛隊とかアメリカやソ連の軍隊に任せておけば」

 ネギ太が帰宅すると、乱闘になっていた。

ネギ太「やめろ!ぼくのペットントンに手を出すな」

 出て行けと言うトマトとセロリ。

ネギ太「ペットントン、ぼく、このうち出て行く。地球を守るために、この家を出てお前と暮らす。ぼくには地球を守る義務があるんだ」

 ナス夫はセロリとトマトに追いつめられ、ベランダから転落。ペットントンは時間を巻き戻すことのできるタイムステッキを使い、腕を伸ばしてナス夫を救う。

 そこへ小百合と野原院長が現れ、動物語が話せるペットントンを擁護。

野原院長「ペットントンは動物学界の貴重な宝です」

 セロリは唐突に、ペットントンを飼うことを許可。

ペットントン「ありがトントントン、ネギ太〜」

 ペットントンは膨らみ、ネギ太といっしょに空を浮かび始めた。

 

【感想】

 基本設定の紹介篇として素直に愉しめる第1話。オープニングのタイトルバックではペットントンの腕、タイムステッキ、友だちの輪、動物語、喜ぶと膨らんで飛行などペットントンのメインスペックはすべて紹介されている。

 

 ペットントンに驚くネギ太とナス夫は、押し入れに入って「虫のこえ」を唄い出す。いささか狂気を感じさせる先制パンチ。

 朝っぱらからいきなりメガホンで叫び始める祖母セロリもすごいが、キスを迫る父・ナス夫も…。ちなみに浦沢義雄脚本による『魔法少女ちゅうかないぱねま!』(1989)や『美少女仮面ポワトリン』(1990)の父は、「こういうときは!」などと言って妻や恋人を押し倒そうとしていた。ちなみにこの2作で父を演じたのは斉木しげる氏で、ナス夫役の佐渡稔氏よりいやらしそうな風貌で忘れ難い。

美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]

美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]

 

 ヒロイン・小百合の家は動物病院で、祖父が院長。両親はいない。「動物大好き少女」を自称しているけれども、以後そのような描写は少なかったように思われる。小百合はタイトルバックにも登場しているが、この時点では毎回顔を出す友人という程度のポジションだったのだろう。それが中盤以降に出番も増え、ネギ太やガン太などのレギュラーやゲストとの応酬が多くなり、動物と絡める余裕も必要もなくなったのではないだろうか。

 

 ネギ太が川原にペットントンを棄てようとするシーンでは、エンディング主題歌「一度だけの魔法」の哀切なインストゥルメンタルが流れる。『ペットントン』と言えばトンデモ設定や演出が話題になるわけだが、先入観で観るとこのシーンに漂う哀愁には少々驚いてしまう。トンデモ設定とは一転、時おり見られるペーソスのコントラストも『ペットントン』の特色と言えよう。

 後年の『魔法少女ちゅうかないぱねま!』(1989)などにも、エンディング主題歌のメロディを流してしみじみした情感を醸すシーンがある。「一度だけの魔法」は、その先鞭をつけたのだった。

魔法少女ちゅうかないぱねま! Vol.1 [DVD]

魔法少女ちゅうかないぱねま! Vol.1 [DVD]

 

 同じ東映制作の仮面ライダーシリーズを見ていると、第1話は通常のエピソードより予算を増やしてセットやアクションに力を入れているのが判るが、『ペットントン』など不思議コメディーシリーズはつかみであっても特に扱いは変わらないように思える。

 

 長い助監督生活を経て前作『バッテンロボ丸』(1982)にてデビューした坂本太郎監督が、『ペットントン』でメインディレクターに登板。初メインであってもよい意味で力んでいない軽やかな演出が心地よく、脱力したこのシリーズに適している。

 

 今回は無難な設定紹介編であるけれども、随所に切れた台詞があり、今後の展開を期待させる。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ