『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 武蔵関(冬)

 『ペットントン』のメイン舞台となった武蔵関へ。1日では全部回りきれませんでしたので、とりあえず“冬編”ということに。

 

武蔵関駅前】

 第4話お父さんはほとんど病気

 自己紹介のビラを配る、ペットントンと小百合。  

f:id:darakarumena:20151230193351j:plain

f:id:darakarumena:20151230193358j:plain

f:id:darakarumena:20151230193856j:plain

 32年が経ち、駅舎はとっくに建て代わっている。午後1時にして、冬の日は翳ってしまった。

 

f:id:darakarumena:20151230193342j:plain

f:id:darakarumena:20151230194158j:plain

 文雄堂書店はいまも営業中。

 

f:id:darakarumena:20151230193404p:plain

f:id:darakarumena:20151230194437j:plain

  駅前でトモコと会うが、ぺットントンの写真を見たトモコは髪を逆立てて気絶。左手の三井銀行は、いまは三井住友に。

 

【駅前通り商店街】

 第1話ETのふしぎなオトシモノ

 ネギ太とナス夫。中華料理の金華は健在。

f:id:darakarumena:20151230200310j:plain

f:id:darakarumena:20151230200335j:plain

 

 ナス夫をおいて、坂道を駆け出すネギ太。

f:id:darakarumena:20151230200556j:plain

f:id:darakarumena:20151230200751j:plain

 

【駅付近】

 第6話秋風に乗ってトントン家出

 ペットントンの捜索に出発するネギ太と小百合、ガン太、セロリ。

f:id:darakarumena:20151230203314j:plain

f:id:darakarumena:20151230221313j:plain

 当時と変わっていないように思える建物もいくつか…。

 

 第14話転校生はイヤナヤツ!?

f:id:darakarumena:20160509233349p:plain

f:id:darakarumena:20160509233342j:plain

f:id:darakarumena:20160509233402j:plain

 当時の塀がわずかに残っている。

 

f:id:darakarumena:20160509233555j:plain

f:id:darakarumena:20160509233606p:plain

 

 第13話もちつきぺったんお年玉

 もちつき会社を設立して、宣伝するネギ太。

f:id:darakarumena:20151230204959p:plain

 第14話「転校生はイヤナヤツ!?」

 ペットントンは、ヨーコと彼氏に遭遇する。

f:id:darakarumena:20151230214144j:plain

f:id:darakarumena:20151230205200j:plain

 この道は、『うたう!大龍宮城』(1992)など他の作品でも使われている。

 

武蔵関公園

 第13話もちつきぺったんお年玉

f:id:darakarumena:20151230205620j:plain

f:id:darakarumena:20151230205959j:plain

 落ち込んだペットントンは、川を見つめる。

 

f:id:darakarumena:20151230210325p:plain

f:id:darakarumena:20151230210518j:plain

 32年前に比べると、立ち入り禁止の区域が多くなっているようです。

 

 2015年は「東映特撮YouTube Official」にて『ペットントン』の第1・30話が、「東映特撮ファンクラブ」にて全話が配信されました(特に第30話のサイコぶりは話題になり、実に嬉しい)。それだけに、武蔵関をさまようというのは、この2015年の幕引きに相応しい気もする(年の瀬に何やってるんだという気も…)。武蔵関には、また2016年に訪問する予定です。