『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 逗子

 『ペットントン』の中でも特に怪篇として知られる第25話、そして同時撮影の第26話などで使われた逗子へ行ってきた。

 

【逗子マリーナ】

第25話根本君のガールハント

f:id:darakarumena:20180401010509j:plain

f:id:darakarumena:20180401010527j:plain

 椰子の木が印象的な逗子マリーナ。特撮では『ウルトラマンマックス』(2005)や『炎神戦隊ゴーオンジャー』(2008)などにも登場する。 

炎神戦隊ゴーオンジャー Blu-ray BOX1

炎神戦隊ゴーオンジャー Blu-ray BOX1

f:id:darakarumena:20180401010731j:plain

f:id:darakarumena:20180401011518j:plain

 ふられて傷心の根本はポテトチップスをほおばる。このお店のリビエラバーガーはおいしく、気分はもう根本?

 

f:id:darakarumena:20180401010804j:plain

f:id:darakarumena:20180401011741j:plain

 根本とセロリは喧嘩に。

 

f:id:darakarumena:20180401012308j:plain

f:id:darakarumena:20180401012420j:plain

 セロリが去ると、今度はガン太がスキップしながら現れる。いまは植木などが設置され、撮影当時と同じポジションからは写真が撮りにくくなっている。

 

f:id:darakarumena:20180401010802j:plain

f:id:darakarumena:20180401012730j:plain

 根本はガン太に、ネギ太が小百合とデートしていることを告げ口。 

 

第26話不思議な森の白雪姫

f:id:darakarumena:20180401011253j:plain

f:id:darakarumena:20180401013113j:plain

 椰子の木が植えられて階段も整備され、雰囲気が変わっている。

 

f:id:darakarumena:20180401011313j:plain

f:id:darakarumena:20180401013224j:plain

 セロリに似た魔女はペットントンを誘う。

 

f:id:darakarumena:20180401011320j:plain

f:id:darakarumena:20180401013340j:plain

 椰子の木が大幅増。逗子マリーナは川端康成がガス自殺を遂げた地でもあり、思いを馳せた。 

たんぽぽ (講談社文芸文庫)

たんぽぽ (講談社文芸文庫)

 

披露山公園

第25話根本君のガールハント

f:id:darakarumena:20180401013934p:plain

f:id:darakarumena:20180401013622j:plain

 野獣と化したガン太。いまは樹木が繁茂している。

 

f:id:darakarumena:20180401013601j:plain

f:id:darakarumena:20180401010935j:plain

f:id:darakarumena:20180401014058j:plain

 展望台で仲むつまじいネギ太と小百合。

 

f:id:darakarumena:20180401011007j:plain

f:id:darakarumena:20180401014741j:plain

 狼男に変身したガン太にふたりは驚く。現在は望遠鏡がなくなっている。

 

f:id:darakarumena:20180401011127j:plain

f:id:darakarumena:20180401015453j:plain

 狼男の襲撃。

 

f:id:darakarumena:20180401011137j:plain

f:id:darakarumena:20180401015553j:plain

 追い回されるネギ太。

 

f:id:darakarumena:20180401011237j:plain

f:id:darakarumena:20180401020550p:plain

 女子高生たちと根本はペンキのかけ合いに。右手の工作物は微妙に変わっているようにも思える。

 個人的な感慨に過ぎないが、『ペットントン』には他の不思議コメディー諸作と比べても、何故か時の流れのせつなさを感じる。こうしてロケ地を訪ねていると…。