読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

第4話「お父さんはほとんど病気」(1983年10月23日放送 脚本:浦沢義雄 監督:田中秀夫)

【ストーリー】

f:id:darakarumena:20160411210917p:plain

 駅前で小百合(川口智子)といっしょに、「怖がらないで下さい」と自己紹介のポスターを貼るペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。ポスターのおかげで、街ゆく人はペットントンに驚かなくなった。だが偶然会った看護婦のトモコ(小出綾女)は、ポスターに描かれたペットントンのイラストを見ると、やはり髪を逆立ててひっくり返る。

小百合「どうしても合わないって性格の人、いるのよねえ」

 

 夕方6時、畑家ではネギ太、トマト(東啓子)、セロリ(斎藤晴彦)、ペットントンが食卓を囲んで、ナス夫(佐渡稔)の帰りを待っていた。トマトやネギ太は待ちくたびれて食べようとする。

セロリ「トマトさん!ナス夫が帰ってくるまで待ったほうが!」

 だが7時になっても帰ってこない。セロリとネギ太は食べようとする。

トマト「お母さま!せっかくここまで待ったんですから」

 「ネギ太、がまんがまん」となだめるペットントン

 8時になって、ようやくナス夫が帰宅。

ナス夫「ごはんいらない」

 ずっこける一同。

ナス夫「課長のバカヤロー!」

 部屋でひとり叫ぶナス夫。

 

 ペットントンは、飲み屋でナス夫にお酌する。

ナス夫「ペットントン、働くってことはな、働くってことはな」

 酔っぱらうペットントン。屋台で飲んだナス夫は、あしたから仕事へ行かないと宣言。

 

 翌朝、思い詰めた顔のナス夫は、野原動物病院の前で座禅を組んでいた。パジャマ姿で出てきたトモコ。

トモコ「畑さん、こんな朝早くからいったい何があったんです?」

ナス夫「看護婦さん、私を病気にしてください!」

トモコ「畑さん、落ち着いてくださいよ。ここは動物専門病院なんですよ。人間を診察することは…」

ナス夫「そこをなんとかお願いします」

 困惑するトモコ。

 

 畑家にてナス夫は、表彰状のような診断書を読み上げる。

ナス夫「野原動物病院の診察の結果、畑ナス夫はジステンバーと診断されました。よって、きょうは仕事を休みます」

トマト「ジステンバーって犬の病気じゃ…」

ナス夫「野原動物病院が診察したんだから間違いありません!」

 驚くトマトたち。

ナス夫「私は病気なんです。そうだ、重い病気かもしれない。だとすると仕事を辞めなくては。そうだ、仕事を辞めよ!」

 重い空気が立ち込める。

 学校へ出かけるネギ太にナス夫は語りかける。

ナス夫「うちは父さんがしっかりしてないから、お前がしっかりしなくちゃいけない。しっかり勉強してくるんだぞ。ネギ太、父さんみたいになるんじゃないぞ」

 

 ペットントンは「働くトントントン」とつぶやきながら掃除機をかけていた。すると、窓の外からジャモラー(声:八代駿)が襲来。

ジャモラー「ペットントンの髪の毛ごちそうジャモラー」

 

 皿洗いをしているトマトの前に、笑みを浮かべたセロリが。セロリは女子プロレスラーに応募するという。止めるトマト。

セロリ「トマトさん! じゃあいったい誰が働けばいいってんですか!?」

トマト「あたしが働きます」

 新聞を見るトマト。

トマト「美人モデル募集中。素人大歓迎」

セロリ「トマトさん、これ私が働きます」

トマト「あら、ちょっと、お母さま、年がいきすぎてます!」

セロリ「私に合ってるんですよ」

トマト「それは私が!」

 つかみ合うふたり。ペットントンは友達の輪を取り出す。

セロリ「手をつなぐ。目を閉じる」

 ペットントンが働けばいいというお告げが出た。

 

 セロリは「働かせてください!」「奥さん、安く働きますよ!」と道行く人に迫っていた。

 川沿いでぼーっと釣りをしているナス夫。トマトが現れる。

ナス夫「私は病気なんだ。私はジステンバー。ワンワン」

 犬になりきって四つん這いになるナス夫。

 

 “アルバイト募集中”のカードを掲げて新宿をさまようペットントンカナリアが飛んできて、ペットントンに止まり、また飛び立った

ペットントン「誰かぼくにお仕事ください」

 そこで偶然ヨーコ(若林一美)に会った。

 

 畑家でナス夫は、ものすごい量の洗濯物を顔に投げつけられる。

セロリ・トマト「お願いね!」

 穏やかにお茶を飲むセロリとトマト。ベランダで洗濯物を干すナス夫。

ナス夫「どうして、どうして、病気の私が洗濯しなくちゃいけないの!」

 ナス夫は洗濯物を叩きつける。トマトは、掃除もやれと冷徹に命じる。

 

 ペットントンは、ヨーコに青果市場のアルバイトを紹介してもらう。懸命に野菜を運ぶペットントン。だが草食系のペットントンは、好物の野菜をむしゃむしゃ食べてしまいクビに。

 

 雑巾掛けをするナス夫。背後に怖い顔のセロリが。帰宅したネギ太もつめたい。

ネギ太「ぼく、父さんみたいになりたくないから、これから勉強するんだ」

 泣きそうなナス夫を、セロリがほうきでひっぱたく。

 

 ペットントンは屋根のペンキ塗りに挑むけれども、ペンキをこぼし、おじさんにぶっかけてしまう。

ヨーコ「どうやらここもクビね」

 

 川沿いにいるペットントンとヨーコ。

ヨーコ「本当にダメな宇宙生物

 そこへ、幼い女の子が泣きながら歩いてくる。カナリアが逃げてしまったのだとか。ペットントンは、さっき自分に止まったカナリアを思い出す。急に走り出したペットントンは公園へ。カナリアは木の上にいた。

ヨーコ「ああ!ペットントン

 たちの悪い子どもが、パチンコでカナリアを狙っていた。ペットントンはタイムステッキで時間を止め、向きを変える。パチンコのボールは付近でアイスを食っていたおじさんの頭に命中。

おじさん「何すんだこの野郎」

子ども「わーっ」  

 おじさんは子どもを追いかける。ヨーコはペットントンにキス。浮かび上がったペットントンの手に、カナリアは止まる。

ヨーコ「ペットントン、見直したわ。ダメな宇宙生物じゃない。好きよ、ペットントン

 ヨーコはもう一度キスしようとするが、膨れるといけないで、止める。照れるペットントン

 

 ペットントンが帰宅すると、玄関前でナス夫が号泣。ペットントンは、自分が家事をがんばるから外でちゃんと働けとナス夫を諭す。

ナス夫「というわけで、私はあしたから社会復帰し、役所に行って一生懸命働きます」

 さっそくトマトとセロリは家事を命じる。逃げ出すペットントン

 

【感想】

 セロリの次は、ナス夫のメイン回。前回に比べると面白いけれども、まだまだ本領発揮という印象はない。ペットントン』はこの手の良くも悪くもオーソドックスな話が10話台前半までつづくことになる。

 浦沢義雄脚本では、変な思い込みで怪行動に出る人物がよく登場するが、この犬になるナス夫もそのバリエーションと言える。畑家の誰かを中心に問題が起き、そこにヨーコや小百合など外部の人間が少し絡むというのが初期のフォーマットであり、今回はそれに忠実な話であろう。

 ナス夫役の佐渡稔氏はさすがの好演で、特に犬を熱演する佐渡氏には感嘆する(この回が好評だったのか、ナス夫は第15話でも犬に変身していて、そちらはよりリアルな?犬だった)。トマトの東啓子氏とセロリの斎藤晴彦氏は掛け合いがけっこう面白く、全話見た後でもう一周見直すと、この時点でチームワークはある程度できていたのだなと感心。

 

 序盤でペットントンを一般市民に認知させるためにポスターを貼るという場面があり、意外と珍しいかもしれない(こういうキャラは通常いつのまにか居座ってしまう)。藤子・F・不二雄チンプイ』(小学館)にて、宇宙から来たチンプイとママを対面させるのに腐心するという展開を思い出した。

 

 ペットントンが掃除していた部屋の書棚には『エジソン』(ポプラ社)や『坂本龍馬』(学習研究社)、『まえがみ太郎』(偕成社)、当時の少年誌などが並んでいて、いかにも80年代の子ども向け書籍たちという感じでなつかしい。

 

 ペットントンと小百合がポスターを貼っていたのは、西部新宿線武蔵関駅周辺。建て変わる前の古い駅舎で、いかにも昭和の香りが漂う。私事だが、このあたりは筆者の自宅からもそう遠くなく、一度探訪してみたいものである。

 ペットントンがさまよっていたのは、新宿住友ビル付近。

 

【関連記事】ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 武蔵関(冬)

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ