『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 横浜

 『ペットントン』の中で、特に伝説的な第30話の舞台・横浜へ。撮影されたのは1984年の春ですので、実に32年の歳月が流れたことに。

 

第30話横浜チャーハン物語

【中華街】

f:id:darakarumena:20160802204258j:plain

f:id:darakarumena:20160802204304j:plain

 いまの善隣門かな?

 

f:id:darakarumena:20160802205101j:plain

f:id:darakarumena:20160802205112j:plain

f:id:darakarumena:20160802205151j:plain

 珍満の店は中華街にある設定。32年前の太平楼は、いまは福臨閣に。後方右手の永華楼、左手にある一楽、黄色い看板の更生堂薬局(見づらいですが)は健在。更正堂薬局に入って訊いたところ、戦前から営業していて、いまの建物は『ペットントン』当時に既にあったそうです。

 

f:id:darakarumena:20160819174102j:plain

f:id:darakarumena:20160819174117j:plain

 順海閣と喫茶ブラジルは、看板はなくなりましたが左折したところに健在。

 

f:id:darakarumena:20160819173305j:plain

f:id:darakarumena:20160819173540j:plain

f:id:darakarumena:20160819174724j:plain

 同發本館は戸が変わっている。

 

f:id:darakarumena:20160802205344j:plain

f:id:darakarumena:20160802205435j:plain

 ペットントンと珍満は、逃亡するチャーハンとシューマイを発見。ペットントンの後ろにあった明蘭餐庁は、龍興飯店になっています。

f:id:darakarumena:20160802205404j:plain

f:id:darakarumena:20160802205412j:plain

f:id:darakarumena:20160802205450j:plain

 そっとたたずむチャーハンとシューマイ。左手奥の建物のみ、現存している。

 

港の見える丘公園

f:id:darakarumena:20160802205323j:plain

f:id:darakarumena:20160802205939p:plain

 チャーハンとシューマイをさがす珍満とペットントン。花壇が広くなっていますが、大佛次郎記念館は変わらない。パンジーの花々も。

f:id:darakarumena:20160802205647j:plain

f:id:darakarumena:20160802205957p:plain

 

f:id:darakarumena:20160802205547j:plain

f:id:darakarumena:20160802205910j:plain

 駆け落ち中のチャーハンとシューマイは、海を見つめていた。展望台は建て変わっている。

f:id:darakarumena:20160802214810j:plain

f:id:darakarumena:20160802214826p:plain

 柱も天井も変わり、横浜ベイブリッジの威容が。

 あのシュールな駆け落ちから32年…。