『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

第21話「獣医さんはピカピカ美青年」(1984年2月26日放送 脚本:浦沢義雄 監督:加藤盟)

【ストーリー】

 神社の前で、セロリ(斎藤晴彦)とペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)が焼き芋の奪い合い。するとオープンカーに乗ったハンサムな男性が「ハーイ、マダム」と現れ、野原動物病院の場所を尋ねた。野原院長(奥村公延)の後輩・イトウ先生(団時朗)であった。留学中のアメリカから一時帰国したのだという。

セロリ「わたしゃ悔しいよ!」

ペットントン「ムニェ?」

セロリ「あんな獣医さんがいるんだったら、いっそ人間じゃなくて、犬とかネコに生まれてきたらよかったんだよー」

 セロリは動物病院に行く口実をつくるために、怪我させようとペットントンをほうきで攻撃。

 

 イトウは野原動物病院の診察室はノーグッドだと、模様替えを提案する。

イトウ「現代の動物病院はもっとゴージャスでファッショナブルでなければ!」

 診察室はピンクでファンシーに。

院長「何だか喫茶店みたいだけど、やっぱりこういうのをナウいというのかね」

イトウ「イマいっていうんですよ」

 普段は白衣のトモコ(小出綾女)は、バニーガール姿に。

トモコ「イトウ先生。トモコ、美しい?」

 イトウにキスされたトモコは気絶。それゆえイトウは畑家を訪れ、ペットントンに臨時看護婦を依頼する。

イトウ「お借りできませんでしょうか、マダム」

 セロリもトマト(東啓子)も上機嫌。

セロリ「そりゃもう喜んで。こんなのでよかったら」

トマト「こき使ってやってください」

ペットントン「ムニェー」

 怒るペットントン

 

 イトウのハンサムぶりに、町の女性たちは病院に殺到。警官(高橋等)は八つ当たり。

警官「ペットントン、何とかしなさい!」

 イトウは「ぼくってどうしてこうもてるんでしょう」と豪語。詰めかける女性たちを見ていたネギ太(高橋利安)と小百合(川口智子)は唖然。 

 

 診察室でイトウに「チャーミングだね」と言われた女子高生は嬉しげ。

院長「さあ、きみのペットは?」

女子高生「先生、これなんです」

 女子高生が取り出したのは、ホイホイにつかまった4匹のゴキブリ。ワーッとパニックになる一同。

院長「ペットントン、早く連れ出しなさい」

 つづいて入ってきた主婦らしき女性(渡辺信子)。

イトウ「まさかあなたのペットもゴキブリじゃないでしょうね」

主婦「ノミなんですけど」

 ノミ!?と、驚く一同。

主婦「ぴょこ、ぴょこ、出ておいで」

 ノミは野原院長に飛び移り、院長はかゆがる。追い出される主婦。つづいて入ってきた女性がネコに注射を打ってくれと言うと、イトウはティータイムだと言って逃げ出す。

 

 夜、イトウと野原院長、ペットントンは飲んでいた。「矢切の渡し」を唄い、上機嫌の野原院長。

 その後、はしごした屋台で野原院長は酔いつぶれる。院長がダウンすると、浮かない顔のイトウはペットントンに悩みを告白。イトウは注射を打つのが苦手で、注射器を持つと身体が震えて震度5の地震を起こしてしまうという。相談に乗ったペットントンは、友だちの輪のお告げを受ける。友だちの輪は、ペットントンを実験台に注射の練習をしろという。

 そこで早朝から練習が始まった。

ペットントン「怖い…」

 イトウは「打つぞ」と気合いを入れるが、やはり地震を起こしてしまうのだった。

 

 逃げたペットントンは公園でジャモラー(声:八代駿)に襲われて、川に転落。そのせいで、畑家へ戻ってきたペットントンは熱を出してしまう。ペットントンが風邪と聞いて、喜ぶトマトとセロリ。

トモコ「先生、ペットントンが風邪をひいたらしいんです」

イトウ「ええっ」

トモコ「先生、何もそんなに驚かなくても。注射一本打っとけばいいんですから」

トモコ「注射!」

 野原院長は往診に出ていて、結局イトウはペットントンに注射を打つことに。トマトはいそいそと、ペットントンを台車で運んでいく。

トマト「ハンサムな先生にお注射していただきましょうね」

 セロリは庭で縛りつけられていた。

セロリ「こらートマト!」

 

 イトウは薬の処方で済ませようとする。

トマト「あたし、先生の注射打つ凛々しい姿見たい」

 逃げようとするイトウは、トマトに捕まる。イトウが打とうとすると、やはりずどどどどどと地震が起き、棚が倒れる。イトウが放り投げた注射器は壁に突き刺さった。ペットントンはタイムステッキで時間を戻し、自ら注射に当たってあげた。

トモコ「最高!」

トマト「素敵!」

 「ぼくにも注射が打てたんだ!」と調子に乗ったイトウは、もう一本射とうとペットントンに襲いかかる。

 

【感想】

 今回はまたゲスト主体の話。前回が飛ばしているせいか、今回は割と普通な、あまりひねりのないコメディ編である。

 同時撮影の前回がネギ太など子どもたちの出番が多いのに対して、こちらはほとんど大人だけで押している(双方に出ずっぱりのペットントン=高木政人氏はすごい)。スケジュールの都合なのか、ナス夫の出番はゼロ。ガン太も一切登場せず、野原動物病院がメインの舞台なのに小百合もあまり出てこない。

 

 ゲストの医師・イトウ役は、『帰ってきたウルトラマン』(1971)の主演で知られる団時朗氏。十分にかっこいいけれども、既に三十路なので「美青年」と言われると違和感もある。団氏は、浦沢脚本では『ロボット8ちゃん』(1981)や『バッテンロボ丸』(1983)、『美少女仮面ポワトリン』(1990)の第19話「涙の新兵器」に出演しており、『8ちゃん』ではセロリ役の斎藤晴彦氏とレギュラーで共演していた。最近もテレビ『相棒』(2012)や『軍師官兵衛』(2014)などコンスタントに活躍中。

美少女仮面ポワトリン VOL.2 [DVD]

美少女仮面ポワトリン VOL.2 [DVD]

 

 野原動物病院に押しかける女性のひとりは、かつてWAHAHA本舗に所属した渡辺信子氏(この時点でまだ24歳。もっと上に見えるが…)。浦沢作品では『魔法少女ちゅうかないぱねま!』(1989)の敵役・八宝菜院長役を好演しているほか、『美少女仮面ポワトリン』(1990)の第45話「ヤマモトは教育ママが嫌い」のゲスト出演も印象に残る。

 野原院長役の奥村公延氏は、ノミでかゆがるシーンなど熱演。トモコ役の小出綾女氏は、バニーガールになったり久々に出番が多く目立っていたが、今回が最後の登場となった。

 

 飲み屋の場面で流れる小泉今日子「艶姿ナミダ娘」は、第28話にて小百合が唄っている。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ