『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

ストーリーガイド

第17話「洗たく大好きケンちゃん」(1984年1月29日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 神社の障子を洗っていたペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)とヨーコ(若林一美)。ヨーコといっしょのためかペットントンは上機嫌だが、ヨーコは不機嫌。そこへ小百合(川口智子)が現れ、ペットントンは野球の代打に狩…

第16話「恋する子ヤギのメーメー」(1984年1月22日放送 脚本:浦沢義雄 監督:加藤盟)

【ストーリー】 ネギ太(高橋利安)と小百合(川口智子)が、ふたりっきりでデートする日。トマト(東啓子)とナス夫(佐渡稔)は編み物。 ナス夫「まさかそのデート、結婚を前提に」 トマト「こら」 ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)…

第15話「大発明!ハッパバーガー」(1984年1月15日放送 脚本:浦沢義雄 監督:加藤盟)

【ストーリー】 謎の発明家・葉波博士(市川勇)が、街を徘徊していた。 葉波「ちと尋ねるが、このへんにコンピューターを使うばあさんがいると聞いたんだが」 畑家の向かいのおじさん(木村修)が、セロリ(斎藤晴彦)のことを教える。葉波がほんのお礼だと…

第14話「転校生はイヤナヤツ!?」(1984年1月8日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 畑家では新年会が行われていた。トマト(東啓子)がカラオケで「矢切の渡し」を熱唱。セロリ(斎藤晴彦)は野原院長(奥村公延)に迫っていた。逃れた院長は、トマトと踊る。トモコ(小出綾女)は絡む。 トモコ「だいたいもう、世の中の男は…

第13話「もちつきぺったんお年玉」(1983年12月25日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 ネギ太(高橋利安)はクリスマスプレゼントの双眼鏡で夜空を見上げるが、やはり双眼鏡ではとても新しい星を発見できそうもない。ネギ太はやはり天体望遠鏡がほしい。ベビーベッドで寝ているペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木…

第12話「超能力のクリスマス!」(1983年12月18日放送 脚本:浦沢義雄 監督:広田茂穂)

【ストーリー】 食卓でネギ太(高橋利安)はクリスマスプレゼントに天体望遠鏡を要求するが、ナス夫(佐渡稔)とトマト(東啓子)は無視。 ネギ太「おばあちゃん!」 セロリ(斉藤晴彦)は猛獣の声でネギ太を威嚇。 ネギ太「ペットントン、お前だけだ。この…

第11話「危うし!ナス夫のボーナス」(1983年12月11日放送 脚本:浦沢義雄 監督:広田茂穂)

【ストーリー】 朝、なかなか起きないネギ太(高橋利安)。ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)は、友だちの輪のお告げにより、腕を伸ばして養鶏場からニワトリを持ってきて、ネギ太のふとんに投げ込む。「やめろ、あいたたた」と飛び起…

第10話「ある日突然ガリ勉生物」(1983年12月4日放送 脚本:浦沢義雄 監督:加藤盟)

【ストーリー】 ネギ太(高橋利安)の成績不振により、ナス夫(佐渡稔)とトマト(東啓子)は大喧嘩。喜ぶセロリ(斎藤晴彦)は笛で合図。庭にバリケードをつくり、ほうきや洗面器、ふたなどものの投げつけ合いになる。 ネギ太「あっ、非常事態発生」 トマト…

第9話「ムニムニ運動ホニホニ芸術」(1983年11月27日放送 脚本:浦沢義雄 監督:加藤盟)

【ストーリー】 「いちご畑でつかまえて」をバックに、海辺を走るヨーコ(若林一美)。花束を手渡すペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。ヨーコはペットントンにキス。それは夢だった。 ヨーコの夢を見て寝ぼけ、ネギ太(高橋利安)にお…

第8話「ゴリラvsびっくり看護婦」(1983年11月20日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 朝から小遣いの値上げを要求するナス夫(佐渡稔)。冷たいトマト(東啓子)とネギ太(高橋利安)。 ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)は、手を伸ばして車を止め、緑のおばさんの手伝いをしていた。工事の人や野原動物病…

第7話「SOS!セロリの誕生日」(1983年11月13日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 公園でひとり、ラジオ体操をするペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。だらだら汗を流す。 朝からセロリ(斎藤晴彦)は、「おはよう、トマトさん」と妙に機嫌がいい。 セロリ「トマトさん、きょうのお味噌汁…とてもおいし…

第6話「秋風に乗ってトントン家出」(1983年11月7日放送 脚本:浦沢義雄 監督:広田茂穂)

【ストーリー】 ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)に芸を仕込んで、サーカス団を作って儲けたいセロリ(斎藤晴彦)。ペットントンは玉乗りの練習をさせられていた。 トマト(東啓子)は「あたしはあなたの味方よ、あたしがいる限り、絶…

第5話「うちのママは世界一」(1983年10月30日放送 脚本:浦沢義雄 監督:広田茂穂)

【ストーリー】 ナス夫(佐渡稔)とトマト(東啓子)はじゃんけん。負けたナス夫はセロリ(斎藤晴彦)の買い物に同行する羽目に。

第4話「お父さんはほとんど病気」(1983年10月23日放送 脚本:浦沢義雄 監督:田中秀夫)

【ストーリー】 駅前で小百合(川口智子)といっしょに、「怖がらないで下さい」と自己紹介のポスターを貼るペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。ポスターのおかげで、街ゆく人はペットントンに驚かなくなった。だが偶然会った看護婦の…

第3話「お月様の向こうへ帰りたい」(1983年10月16日放送 脚本:浦沢義雄 監督:田中秀夫)

【ストーリー】 ヨーコ(若林一美)の夢を見るペットントン。ヨーコにキスされて膨らむ。 セロリ(斎藤晴彦)は、キスされたり嬉しくなったりすると膨らみ浮かぶという習性を利用して金儲けを企み、ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)を…

第2話「ホニホニ初恋 愛してる」(1983年10月9日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 朝、寝ぼけるネギ太(高橋利安)。 ネギ太「小百合ちゃーん…」 ペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)はネギ太をバットで殴って嘲笑。 セロリ(斎藤晴彦)は何故か朝から気もそぞろ。ナス夫(佐渡稔)はトマト(東啓子)に…

第1話「ETのふしぎなオトシモノ」(1983年10月2日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】 ある夜、畑家の自室で畑ネギ太(高橋利安)は作文を書いていた。 ネギ太「ぼくが宇宙でいちばん尊敬する人は力道山です」 すると地震が起こり、地球儀は回り、電球は点滅し、窓からまばゆい光が差し込む。畑家の庭にUFOが降り立った。UFOは大…