『ペットントン』研究

『ペットントン』(1983〜84)を敬愛するブログです。

ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 吉祥寺

 前の記事から間隔が空いてしまったけれども、『ペットントン』のロケ地・吉祥寺へ行ってきました。他の不思議コメディーシリーズでも『ロボット8ちゃん』(1981)や『バッテンロボ丸』(1982)、『どきんちょ!ネムリン』(1984)などで使われている、隠れた?名所。

 

 第5話うちのママは世界一

 トマトとペットントンが吉祥寺へ買い物に。

【旧伊勢丹付近】

f:id:darakarumena:20150810213917p:plain

続きを読む

ペットントン聖地巡礼(ロケ地探訪)- 川越

 最終話のストーリーと感想を書き終え、しばらく何も手につかない状態でしたが、昨日ようやく最後のくスペシャル版をアップ。ストーリーガイドがすべて終わったので、今後はロケ地を少しずつ訪ねていきたいと思います。31年の歳月を経て、聖地はどうなっているかな。

  まずは、ついでの用があったので、川越へ行ってきました。

 

 第31話「クリームあんみつ小百合姫 

【時の鐘】

f:id:darakarumena:20150322215852j:plain

続きを読む

「ペットントンスペシャル!」(1984年8月27日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】

f:id:darakarumena:20160901193313j:plain

 「NG」のカチンコが叩かれる。

 畑家の前でこけるペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。

 森で走り寄ってきてこけるサヤカ(小林綾子)。

 高原で、やはりこけるペットントンとサヤカ。

 サヤカとネギ太(高橋利安)、小百合(川口智子)、ガン太(飛高政幸)、ペットントンで大なわとびをするが、失敗。

ネギ太「ペットントン懺悔!」

続きを読む

最終話「さよならさよなら宇宙生物」(1984年8月26日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】

f:id:darakarumena:20150208221909j:plain

 明け方、畑家の庭でオミッチャン(福原一臣)のショートケーキ型UFOの修理を手伝うペットントン(声:丸山裕子 スーツアクター:高木政人)。

 ペットントンに感謝するオミッチャン。

オミッチャン「あんただけよ。私が早くミッチャン星に帰れるようにってUFOの修理手伝ってくれたのは。それに徹夜までして」

 オミッチャンは泣き出す。ペットントンは、いいから早くUFO直そうと言い、「そうね!」とオミッチャンは元気に応じる。

続きを読む

第45話「どこいったセロリのUFO」(1984年8月19日放送 脚本:浦沢義雄 監督:坂本太郎)

【ストーリー】

f:id:darakarumena:20150208155531j:plain

 家出したセロリ(斎藤晴彦)は、朝から元気にジョギングして、オミッチャン(福原一臣)のショートケーキ型UFOに帰ってきた。シュラフで寝ているオミッチャン。

セロリ「いつまで寝てんだよ、この」

続きを読む